ページの先頭です

オール電化・IH

ここから本文です

オール電化にするべきか、それともガス併用住宅にするべきか?
キッチン工事や省エネリフォーム等を検討する時に、一度は考えた事があるのではないのでしょうか。
創エネの松下では、ガス機器の販売だけではなく、IHやエコキュート等の 電化商品も取扱いしております。

ご家庭に最適なご提案を

ご家庭の家族構成や、生活時間帯のライフスタイルにより提案内容は変わりますので、ガスと電気を扱う創エネの松下では、一軒一軒のご家庭にあったプランの作成を致します。
(創エネの松下以外でガスの供給されているお客様は、ガス料金の明細をご準備して下されば、よりよいプランを作成させていただきます)

安心と信頼の施工体制

創エネの松下ではガス、電気、水道等の設備工事の他、大工工事や内装工事も対応いたします。

施工後のアフターメンテナンス

昭和11年より現在まで、お客様と共に歩き続けてまいりました。
これからも昔と変わらぬサービスを提供し、地域の皆様より支持されるよう努めてまいります。

再びガスが必要になったときでも

将来、家族構成やライフプランが変化した時や、機器との相性等、将来の機器の取替時のご予算面などで、もう一度ガスをお使いになりたいと考える方もいらっしゃいます。
そんな場合でも創エネの松下なら自由に対応が可能です。

オール電化の機器の特徴

創エネの松下ではオール電化機器を販売するにあたり、お客様に納得して商品を購入していただく為にもメリットだけではなく、デメリットとなる最近のオール電化事情について説明しています。

震災後のオール電化事情について

オール電化は福島第一原子力発電所原発事故前と比べ理想のエネルギーシステムから大きく外れてしまいました。
全エネルギーを電気1本でまかなう生活が、クリーンで経済的な生活とされていた原子力発電ですが、福島第一原子力発電事故後は東京電力管内での計画停電をはじめ、生活のすべてを電気でまかなう危険性が指摘されています。
ただオール電化住宅が悪いのではなく、家庭での電力の調達方法や各家庭の生活スタイルにあわせた住宅設備を設置する事により今まで以上に快適で、経済性に優れたオール電化生活が出来るようになります。
下記に原子力発電事故前のオール電化と、原子力発電事故後のオール電化の違いをイラストにまとめてありますので、オール電化を検討しているお客様は参考にして下さい。

震災前のオール電化住宅
震災前のオール電化住宅

震災前のオール電化住宅は、主に原子力発電の夜間に余った電気を安く皆様に提供していました。 しかし、震災後は原子力発電が停止し、現在稼働している原子力も少数なため、以前の割安な深夜料金を活用する事が出来なくなりました。(※平成28年1月現在、中部電力の深夜料金は震災前と比べ40%値上がりしています)

ZEH・ゼロエネルギー住宅
震災後のオール電化住宅(ZEH・ゼロエネルギー住宅)

電力会社の発電に頼ったオール電化ではなく、太陽光発電を設置し、昼間は太陽光発電からの電力 で家庭の電気をまかないます。
夜の電力は太陽光発電の電気を蓄電池に貯めておき使用します。
またお湯と電気を同時につくる事の出来る燃料電池を設置したり、電気自動車と組み合わせた商品も開発されています。
※家庭内の電化製品を動かす電気を太陽光の他、ガスから水素を取出し燃料電池により電気をつくるシステムが主流になりつつあります。

まとめ

福島第一原子力発電事故前のように、IHクッキングヒーターやエコキュートを設置しただけではオール電化の経済性が良くなるわけではありません。
災害時の停電の不便さ、設備の初期投資の高さを考えるとオール電化住宅が良いとは決して言えない時代になりました。
しかしゼロエネルギー住宅は補助金を活用してもまだまだ高額です。
そのためオール電化住宅に固執する事無く、ガスを含め各家庭に合った機器を取り入れ検討するのが最良だと思われます。