ページの先頭です

オール電化・IH[取扱商品]

ここから本文です

ガス機器の販売だけではなくIHやエコキュートさらには太陽光や省エネ機器のハイブリット給湯器、エネファーム(燃料電池)等、これからの省エネ機器の販売もおこなっています。
各機器には特徴があり、お客様の希望や要望を聞きながら、お客様の生活環境に合った商品を提案していますので、分からない事がありましたらお気軽にご連絡ください。

IHクッキングヒーターの特徴

安全性

火を使わないこの一言につきます。
ただ火を使わない安心感から重大な事故も増えていますので機器使用時にはガスコンロと同じ様に注意が必要です。

お手入れ

ガスコンロと違い汁受け皿や五徳が無いため、お手入れは簡単です。
ガスコンロが進化しても清掃性はIHがすぐれています。

利便性

ガスコンロと同様に、温度設定、調理タイマーに加え魚が焼けると自動で火が消えるオートグリル等、機能も充実しています。天板で操作する機種が多く、かがむ事が少なくなるため、腰への負担が少なくすみます。
その反面、ガスコンロと操作が違うため、御年配の方の中には操作に慣れず、料理をやめてしまう方もいます。

給湯器の特徴

ガス給湯器

ガスの燃焼効率を上げ、省エネ性能を高めたエコジョーズと呼ばれる給湯器が人気です。
貯湯式ではなく水道直圧式のため設置スペースをとらず、シャワー水圧も高く、どれだけお湯を使用しても湯切れの心配がありません。
必要な時にだけお湯を沸かさないので少人数ご家庭の場合はエコキュートより光熱費を削減出来る場合があります。
ecoジョーズ

エコキュート

電気温水器より省エネ性に優れた電気式給湯器です。
ヒートポンプ式で深夜電力を利用してお湯を沸かします。
省エネ性にすぐれ従来式の給湯設備の中ではランニングコストが安く経済的、以前と比べ価格も安くなり、家族構成や使い方によっては劇的に光熱費を抑えることも可能です。
ECO CUTE

灯油給湯器

ガス給湯器同様に燃焼効率を上げ、燃焼効率を高めたエコフィールと呼ばれる商品もあります。
昔は燃料費が安く経済的な給湯器でしたが、最近は灯油の価格の上昇により、経済性メリットが薄れてしまい、灯油の買い出し、給油の手間、燃焼時の臭いオイルタンクによる設置スペース問題等、メリットよりもデメリットが多く目につく事が増えました。

省エネ機器の特徴

ハイブリット給湯器

電気とガス両方でお湯を沸かす新発想給湯器です。
電気式給湯器の長所とガス給湯器の長所を組み合わせた給湯設備です。
電気給湯器にガス給湯器を加える事で、湯切れを無くし、給湯光熱費を55%削減します。
その反面、ガス給湯器に比べ機器価格が高く、給湯使用料の少ない家では経済性メリットが出ない事があります。

エネファーム

家庭で電気を創る燃料電池です。
発電中に出る熱エネルギーでお湯を沸かします。
発電した電気を家庭で使ったり、売電したりする事で経済性が格段に上がる給湯設備です。
将来型の給湯器のため、国や自治体の補助が出ますが、まだまだ購入価格が高いです。
ENE・FARM